GOT7 CP考察

cr:on pic&vid

12/22 GOT7 Japan Tour 2017“TURN UP”ツアーファイナル日本武道館公演 レポ

お久しぶりです。今年最後のライブをガッセブンのオーラス公演で締めくくれて幸せです。私の2017年はもう終わりました(暗) 今回は予習をして行かなかったので、ガッセブンを知らない人でもさらっと読めるような内容を書いていきたいと思います。

 

 

 

~K‐POPアイドルGOT7のライブに行ってきたよ

 

入場まで‥

ガッセブンのライブは会場敷地内で色んな言語が飛び交う所が一番の特色。今年入って体感的に韓国人率が増えた。年齢層は意外と広め。男性は少ないです。

グッズは開場時間付近であればスムーズに買える。メンバー別グッズの売り切れ事情は日によって異なる。荷物チェックはいつも大体緩いが、アリーナは手袋を装着した手で中まで弄られたと友人が言っていた。オーラス公演はサプライズ演出があるので、早めに会場入りして席に置いてある紙をよく読み込んでおきましょう。

 

時間‥

約3時間。開演時間より何分か遅れて始まることが多く、メンバーが去って緊急告知の映像が流れたら終わり。当たり前ですが民族大移動なので気を長くライブの感想でも語らいながら帰りましょう。

 

演出‥

あっさりめ。まだまだ日本デビューして3年目なので長い目で見てやってほしい。演出や衣装が派手に豪華になるかは我々の財力にかかっているよ。映像編集技術のあるメンバーがいるので、暗転時にお洒落で愛のあるメンバー達のイメージビデオが見れます。

 

 

あってもなくてもいいような概要を説明したところで本格的にライブ内容に入っていきます。その前に軽くメンバー紹介。

登場人物トーク時の並び順、左から)

JB 韓国人

6人の中で一番重量級っぽい顔と身体。ボーカル。顎と鼻と眉間で音程を取ってそうな歌声。ライブ中に髪型や頭の装飾が変化する。アンコールではカメラで自由に写真を撮る。リーダー。作曲家。媚びと馴れ合いに対して反抗心をみせるのでいじられやすい。

 

マーク 台湾系アメリカ人

6人の中で一番食料を与えたくなる顔、小柄やせ型。ラップ。低く濁ったボクサー声と舌ったらず幼女声のミックス。英語の発音が本場仕込み。カメラの前で表情を作るのが上手い。不言実行タイプ。最年長。緊張するとマイク両手持ち。涙を流すことに対して素直。

 

ジニョン 韓国人

6人の中で一番絵柄が古そうな顔、中肉中背。ボーカル。熱血リポーターボイス。露出の少ないキッチリした衣装。隙を見せたくないタイプ。闇が深い。初期から一番日本語を話せたのでトークタイムの仕切り役。たまにスキンシップが暴走する。

 

ヨンジェ 韓国人

6人の中で一番能楽師っぽい顔、中肉中背。ボーカル。身体の中に太くて長い空洞があり、そこから暖かい空気が真っ直ぐ前に飛び出して行くような歌声。歌を目当てにライブへ来たならこの子を要チェック。GOT7のコントはヨンジェの笑い声によって完成する。

 

ベンベン タイ人

6人の中で一番美意識が高そうな顔、やせ型足長。ラップ。敵意0%で木綿も驚きの柔らかさな話し声から少しトーンダウンさせた歌声。確実なファンサービスが欲しいならこの子。日本のお笑いネタ披露枠。ムードメーカー。アンコールのTシャツは脇ガバガバ。

 

ユギョム 韓国人

6人の中で一番異国から来た顔(だが純韓国人である)、足長&最長身。ボーカル。子供が駄々をこねる時みたいな声。ダンスを目当てに来たならこの子。日本語むじゅかしいよお>< 恥ずかしがる様が可愛く、リアクションも大きいのでいじられやすい。

 

 

書きながらそれぞれ自分だけの役割をいつの間にか確立させていたのだなあと思った。紙メンタルなので既存ファンの方は怒らないで読んでください。

はい、ではセトリいきます~

事前にアンケートを取っていたので今回のセトリはファンの間で人気な楽曲多めだよ。

 

 

 

1.TURN UP(2ndミニアルバム TURN UP リード曲)※JB作曲

今回のツアーリード曲。メンバーはトークで何かとターンアップしましょうと投げかける。個性出してこうぜソング。若干ノリが難解。2年ぐらいやり続けて多分彼らが韓国アイドル界のミニゲームとしてプチ流行させた「ボトルフリップ」をパフォーマンスに組み込む。オーラス公演ではマークがボトルフリップに挑戦、見事失敗。悔しくてたまらずトークタイムでやり直し挑戦、成功。しかしジニョンが「それでも本番では"失敗"しましたから」と追い打ちをかける。ボトルフリップをバトルフリップと言い間違えるJBの天然うっかりさんも発動。

 

2.Yo モリアガッテ Yo(1stフルアルバム モリ↑ガッテヨ リード曲)

過去のツアーリード曲。サビの「もっとモリアガッテヨ」がそのまま日本ツアーではお決まり煽りとなっている。サビを歌うのはジニョン、凛々しい顔に野太い声でもっと盛り上がれと私達は煽られます。ヨンジェのラップに対する掛け声が楽しい。マークの「君は可愛いナア…」の言い方が少し面白い。JBパートの「ホーホー鳥みたく鳴きな」の歌い方で、序盤のJBのテンションを把握することができる。お察しの通り全体的に歌詞がおもろい。


3.LION BOY(2ndミニアルバム TURN UP 収録曲)

仮面ライダーのライオンをモチーフにした敵キャラ(好戦的、幹部クラス)のキャラソンっぽい。筋力アピールが激しい振付。ライオンの咆哮で終わるラストには、メンバーの内ひとりがライオンボーイとなって男性美を披露する。トークタイムでは曲名にちなんで愛嬌とかやらされる。どの辺が因んでいるのかは前公演に行っていないのでさっぱり分からん。

 

トーク 1回目

自己紹介とDVD収録回説明、ディレイライブビューイングの告知などをさらっとこなし、早すぎるバラードタイムへ。因みにベンベンの自己紹介は「みなさんのモヤシ」

 

 

f:id:kagikosanjr:20171225183413p:plain



 


4.離さなければ…(1stミニアルバム Hey Yah ボーナストラック)※JB作曲

5.STAY(1stフルアルバム モリ↑ガッテヨ 収録曲)

どちらも昔の恋愛を思い返して後悔する失恋系バラード。ボーカル組が真価を発揮する。STAYのCメロ「会いたいよと何度も願ったのに もう聞こえないの?」「アルバムにも「さよなら」を言えないまま」を歌うJBからヨンジェの橋渡しは必聴。いつもヨンジェのロングトーンばかりに耳が集中してしまっていたけれど、JBも地味にナイスアシストしていたことに最近気付いた。

 

6.Just right(韓国 3rdミニアルバム Just Right タイトル曲)

今やK-POP界でSHINeeのReplayに次ぐ可愛い男の子コンセプト代表曲。トロピカルへんてこりんゆるゆるソング。曲調が特殊なら振付も特殊なので、年々パフォーマンスがシュールになっていくと思われる。兵役まで踊り続けような!私はこの曲のパフォーマンスを見るとボスラッシュシリーズを思い出すのであった。

 

トーク 2回目

ボトルフリップを1人ずつ挑戦し、失敗したら愛嬌や告白をするというルールを取り決めるメンバー。成功率が低いゲームなので大半のメンバーは失敗すると誰もが思ったが、なんとJB→マーク→ジニョン→ヨンジェと立て続けにテンポよく成功。セットの手すりにぶら下がったり、襟元をピシッと引き締めたり、手をつないで円形にアハハウフフと回ったり、各々喜びを身振り手振りで表現する。残りはベンベンとユギョム、我先にと割り込んで挑戦したユギョムが失敗!

ベンベン「ユギョムさんはともだち。僕が助けてあげる」

失敗するから一緒に愛嬌しようと間接的に言い、ユギョムとの絆をみせるベンベン…それはフラグでしかなかった…(成功)

結果、ユギョムは3回も愛嬌やら告白やら色々やらされ、へとへとになりながら次の曲紹介をするのだった。ユギョム「もういや~!みんなアクマだっ!」

 

GOT7はエネルギッシュな楽曲が多く、何かと年齢を引き合いに出すジニョンは「もう年なのでそろそろキツイです」

しかし、ベンベンの僕達セクシーなコンセプトでもいいですか?という問いかけに沸き上がる会場を見て、ジニョン「次の曲いきましょうか(セクシーはやりたくないと無言の圧力)」なんでや…

 

 

 

 

 


7.ANGEL(1stフルアルバム モリ↑ガッテヨ 収録曲)

うら若き男衆が艶めかしく腰を揺らす様を眺めるだけの日本ツアー定番曲。曲自体シックでお洒落な良曲なんですが、いかんせんサビの振付が突き抜けたエロすぎてそこだけ強烈な印象を残してしまう。人によって腰の振り方が異なるので見比べてみるのもありかもね…。


8.If You Do(韓国 4thミニアルバム MAD タイトル曲)

この曲作ったのがTWICEを国民的アイドルに伸し上げたメガヒットメーカーブラックアイド・ピルスンなこと覚えてます?当時の流行に合ってなかっただけで普通にいい曲なんだよな。メンバー自身このコンセプトは嫌いじゃなさそう。JBはこの曲を確実に贔屓にしていると思う、ノリが他とは違う。


9.Never Ever(韓国 6thミニアルバム FLIGHT LOG : ARRIVAL タイトル曲)

此方は反対に流行ど真ん中のトラップジャンル、ムーンバートンですよ。JYPが制作に関わっている曲は、ベースラインのうねりが凄くてイラコイザいじって聴いちゃうよね!一応フライトログ三部作のラストを飾る楽曲だったんですけど、多分ファンじゃない人は2016~17年前半のGOT7の楽曲がシリーズものだったことすら知らない。ポケモンに例えるならFlyがレックウザでHard CarryがグラードンでNever Everがカイオーガです。わたしフライトログシリーズ作ったearattackはゲーマーだと思うねん。特にFPSゲームのな。今年の楽曲は全体的にみずみずしい感じだったかな~。個人的にライブでノリやすいのはYou AreよりNever Everでした。

 

トーク3回目 JBとマークは次曲の準備のため不在

リーダーのJBがいないのでここぞとばかりにタメ口を発するベンベン「おい、ジェイビ~。おい、イム・ジェボム~(とても舐め腐った口調)」

何の話の流れか忘れましたがヨンジェに対してベンベン「ヨンジェさんの顔が新しく(?)なりました」

ジニョン「今日のベンベンは発言が危ないです」

 

 

 

 

 


10.WHY(2ndミニアルバム TURN UP ボーナストラック)※JB作曲

イメージビデオは水も滴るなんとやら。

チームで一番セクシーを表現するのが上手いマークとJBが出撃。マイクスタンドに重心をかけルーズに歌い悩まし気な表情で腰をグラインドさせるダンス。シンプルな伴奏にローテンポのラップっていう結構な無理難題をマークに課すJBさん(作曲)。今年のマークはボーカルにも欲心があったようで、マークの歌唱が聴ける数少ない楽曲でもあります。


11.この胸に(2ndミニアルバム TURN UP ボーナストラック)※ヨンジェ作曲

イメージビデオは素材で勝負な衣装と森林浴。

チームで一番歌詞の言葉の伝達が上手いジニョンとヨンジェが出撃。日本のJPOP的正統派バラードで全セトリの中で一番日本語の歌詞が聴き取れる。Kドルがこういう日本的な歌もうたってくれるのが日本活動の良いところですよね。普通に言うことなしで良いパフォーマンスなので文章のボケどころがねえ。好きです(中身のない発言)。

 

12.97 YOUNG&RICH(2ndミニアルバム TURN UP ボーナストラック)※ベンベン&ユギョム作曲

イメージビデオは女と酒に走らない豪遊三昧。

チームで一番粋がって弾けて等身大な自分を表現するのが上手いベンベンとユギョムが出撃。若さこそ強者だ!じじばば死滅ソング。お札を銃でばらまく演出。キャッシュキャノンってJJPが活動していた夏頃からよく見かけるようになってけど発祥は何ですか。紛うことなきGOT7で一番仲が良い組み合わせなので、ユニットの完成度というか二人のパフォーマンスから生まれる相乗効果が良かった。


13.Tomorrow, Today(韓国 ミニアルバム Verse2 タイトル曲)

ああ~~なんていい曲なの~~~~~。もしかしてJJPがJJPだけでJJPの曲を日本で披露するのってこの武道館が初めてじゃない……????2012年のJYPNationではSanEいたし、14年のNationは2PM先輩いたし、GOT7になってからはGOT7全員でやってたし、去年のファンミーティングのランダムプレイダンスコーナーで見れるかと思いきや中断されたし。人間は興奮しすぎると記憶をなくす生き物でして、何も覚えていません。私はJJProjectが好きです。あ、チームで一番…一番なんだろ…文学的…似てないのに似てる…感性的な…JBとジニョンが出撃。好きなはずなのにJJPと言えばこれみたいな言葉が見つかりません。

 

トーク 4回目

ベンベン「みそらめん~めん~めん~めん~めん~~ぼくはもやし~し~し~し~し~~」

武道館限定のJJPパフォーマンスが披露されて歓喜の会場を、食い物の替え歌で笑いに変えていくベンベン、ユギョム、ヨンジェ。マークもいるよ。

ユニット曲で披露したダンスをもう一度見せようということでダンスのない「この胸に」ではベンベンとユギョムがなんちゃって現代舞踊を披露。ベンベンが腕で満月を形作りバレエのステップで移動してて面白かった。トークタイムで誰よりも体を張ってくれるベンベン卿。

WHYはマーク1人しかいなくて、戸惑ったマークは一足早く舞台裏で待機していたジニョンにヘルプ。ユニット相手のJBじゃなくてジニョンに助け求めるんだ…。しかしジニョンは「続けて下さい」と非情。

JBが戻ってきてからはJJPの鏡ダンスや歌がひたすらいじられ続ける。もう一度鏡ダンスを『目を合わせながら』ふたりでやって下さいとふる子は残念ながらいなかった…。鏡なのに何で二人は目を合わせてくれないんですかね!?

 

 

 

 

 

 

 

12/31

おもいっきり書き途中なんですけど年内更新だから一旦アップします!この計画性のなさ!年越しながらブログを書くんだよ…

コスプレ感漂う制服ティーンエイジャーと見納めマーシャルアーツがたった今放送されました。来年も頑張っていこうねGOT7

 

 

 

 


14.Confession Song(韓国 4thミニアルバムリパッケージ MAD Winter Edition タイトル曲)

クリスマスシーズンなのでクリスマスっぽいシャンシャンした音の告白ソング。各々ファンサービス振りまきタイム。


15.Teenager(韓国 7thミニアルバム 7for7 収録曲)※JB作曲
16.You Are(韓国 7thミニアルバム 7for7 タイトル曲)※JB作曲

韓国最新アルバムから。キレキレのダンスを見るなら韓国最新曲。ファンの掛け声も気合が一番入ってる。

 

MC


17.MEET ME(4thシングル MY SWAGGER 収録曲)※JB作曲
18.GOT ur LUV(1stフルアルバム モリ↑ガッテヨ 収録曲)
19.MY SWAGGER(4thシングル MY SWAGGER リード曲)


アンコール
MEET ME MV (Pro.BM)

 

20.FLASH UP(2ndミニアルバム TURN UP 収録曲)

MC

21.Go Higher(韓国 6thミニアルバム FLIGHT LOG : ARRIVAL 収録曲)※JB作曲

22.TURN UP Remix(2ndミニアルバム TURN UP ボーナストラック)

 

 

メモ:JB「みなさーん、もり…ジニョン「盛り上がってますかー?」「ネー!!」JB「( ゚д゚)」

 

THE BOYZ 覚える

韓国No1音楽サイトMelonの親であるLOENエンターテインメントの大本命新人男性アイドルグループ

その名も THE BOYZ

正確に言うとTHE BOYZはLOENの子会社Cre.ker所属なんですが、デビュー前からファッション雑誌とコラボしてメンバー紹介、MBC系列のケーブル局からリアリティー番組放送、複数の広告業、サプライズイベントを開けば1500人ものファンが集結、有名ウェブ漫画家が彼らをモデルにウェブトゥーン連載、極めつけは日本のレーベル会社ソニーとマネジメント契約!もしかしてガッセブンの時みたいにほぼ無料で日本ショーケースを開催しちゃったり!?この資金力、LOENが出資しているに違いない…!!

それでなくても上写真の通りメンバー12人とも見栄えが良く、目を引くような特徴的な顔立ちなので

面食いミーハーな淑女の皆さま、来年の流行りに乗り遅れないよう、ここらでうら若きイケてるメンズTHE BOYZを覚えていきませんか?

(ここから言い訳→三か月ぶりの記事がGOT7でもNCTでもなくて大半の閲覧者にガッカリされてる気しかしないけどひとまず私の布教欲を満たさせてくれ。去年より多く今年はブログ記事を書くと決めたのでまだ年内更新諦めてません。JJPの夏まだ終わってねーから!武道館も行くからそのレポも書けたらイイナー。その間に読者登録&ツイッターフォローしてくれた方々 ちょんまる ちんちゃ てば りある ほる わんじょん ありがとうございますお友達になってください)

 

 

THE BOYZ メンバープロフィール

 

THE BOYZとは‥

「大衆の心を虜にする“たった一人の少年”になる」という意味が込められたグループ名。タイプの違うイケメン12人用意したから心置きなく好きな子見つけてねってわけだよ。

彼らは2017年12月6日、デビューアルバム『THE FIRST』を引っ提げてデビュー!

何故賞レースや総決算の時期である年末に…新人賞は獲れるとしたら来年だそうです。

 

タイトル曲「少年(Boy)」は、Future BassとR&Bを重ねたダイナミックなビートと、叙情的なメロディーという二つの魅力を合わせ一つに仕上げた楽曲。「一瞬の夢ではない、僕はこうやって君の前に立っているんだから」という歌詞には、これから僕は君だけの少年になるというTHE BOYZの力強いメッセージが込められている。以上、コピペ乙。

同一の振付&単色衣装&落ち着いた髪色は顔に自信があるアイドルにしか許されないやつ!!何処を見てもかっこいい!!

MVでメンバー同士が顔を見合わせてトゥンクしてるのは同性なのにときめくBL展開ではなく、音楽の仲間に出会った運命の瞬間とかそんな話らしいです。どアップ余裕な顔面力。

 

(4K)더보이즈 쇼케이스 타이틀곡 '소년(Boy)' 무대(더보이즈 쇼케이스,THE BOYZ showcase,프로듀스101) - YouTube

デビューショーケース、定点高画質

뮤직뱅크 Music Bank - 소년(BOY) - 더보이즈(THE BOYZ).20171208 - YouTube

音楽番組初舞台

忙しないから何回か見ないと誰がどこで何を歌っているのか分からねえ。リボンタイのヨンフン、出で立ちから下々の者を跪いて平伏させてしまう高貴なお人すぎるから次はアスコットタイでお願います。

 

 

~THE BOYZの歌唱力~

アルバム曲「시간이 안 지나가 (Walkin’ In Time)」

THE BOYZ : Flower Boys' SNACK SHOP ep.03 We are promoting - YouTube

THE BOYZ : Flower Boys' SNACK SHOP ep.06 Special Concert - YouTube

THE BOYZ : Flower Boys' SNACK SHOP ep.06 Man In The Mirror THE BOYZ ver. - YouTube

リアリティー番組イケメン粉食店より、ケビン、ニュー、ヒョンジェ、サンヨン、ジェイコブのボーカルパフォーマンス

[Unreleased Ep.7] 더보이즈 '꽃미남 분식집' (THE BOYZ 'Flower Snack') - YouTube

同番組、ケビン、ジェイコブのボーカルパフォーマンス

 

ボーカル班はケビン、ニュー、ヒョンジェ、サンヨン、ジェイコブの5人。

デビューアルバムを聴いた限りだと、アドリブフェイク担当はニュー、サンヨン、ケビン、この子が圧倒的メインボーカルだっていう群を抜いた逸材がいるというよりかは平均して皆上手い。ケビンは歌い回しがお洒落で安定的、サンヨンは声量があり声帯が強い、ニューは高音域が出せる、ヒョンジェは声質が甘く繊細でボーカル班のセンター的存在、ジェイコブは英語の方が歌いやすそうな印象。最後雑かよ。ジェイコブは音楽に関することなら何でもできるよ!

楽曲はサビをサンヨンとニュー、美味しいパートをヒョンジェが担い、ケビンとジェイコブはクリエイティブな方面で活躍していきそうな展望。

私はアルバム曲「있어 (Got It) 」の歌い出し、ケビンの歌声が好きです。ケビンで合ってます?

 

 

~THE BOYZのダンス~

こちらはボーカル班と打って変わり、パワーダンスが特徴的なキューがメインダンサーとしてセンター張ってます。背が高い子は長い手足を持て余すからダンス下手の法則をその身で破るジュヨンとダンスの双璧を担うことも。また先程のデビュータイトル曲のMVでダンスを披露しているファルは、釜山芸術高等学校で現代舞踊を専攻していたので動きがしなやかです。BTSのジミンと肩書き一緒の後輩だよ!

 

 

~THE BOYZのバラエティー~

THE BOYZの何が凄いって、デビュー前のリアリティー番組が公式から日本語字幕付きのフルでアップされていることですよ。この日本市場への擦り寄り。めっちゃ日本人意識されてる。やばい搾り取られる。ええんやで(´ー`)

THE BOYZ初のリアリティー番組「イケメン粉食店」は1話辺り50分前後の全8話です。その名の通りイケメンが飲食店経営する話なんですが(リーダーのサンヨンはこれの為に事業者登録した。メンバー全員検便もした)新人のリアリティー番組と言えばダンスや歌を披露して担当が何か視聴者に覚えてもらうものなのに、こ い つ ら 料 理 し か し ね え 。でも結果としてそれがとても面白かったです。

通常イケメンに生まれてきたら人に媚びへつらうことなく生きていけるじゃないですか。でもアイドルは人々の理想として、常に清く正しく嫌なことも率先して引き受けるような優しい存在にならなきゃいけない。これイケメンにはかなり辛いことだと思うんですよ。まだ何も知らない練習生の時なら尚更。

しかしこのイケメン粉食店では、『お客様(ファン)は神様』という接客の基本を学ぶ為、この子達めちゃくちゃファンに優しい。誰がファンサ良いとか実際に現場へ行ってみないと分からないことが知れる。つまり、奉仕の精神を持つ気取らないイケメン最強。ハプニングが起きた時の対応力なんかも、舞台上のアクシデントと繋げて考えてみたら機転が利く子はこの子だなとか分かって良かったです。後半から面白くなっていくので、百聞は一見に如かず!見て損はなし!

 

 

 

 

THE BOYZの雰囲気や実力がなんとなーく分かったところで、お待たせしました!

メンバープロフィールです。12人を3つのグループに分けて紹介します。

 

まずはイケメンの中でも更にイケメン、バミューダラインを含むカートゥーンボーイズ!

 

☆ヨンフン DAZED PROFILE FILM

本名:キム・ヨンフン
国籍:韓国
生年月日:1997年8月8日
血液型:A型
星座:しし座
家族構成:両親、兄
ポジション:ビジュアル

 

バミューダラインその1。MVでは最後に登場し、すれ違い様にメンチを切る水色。自他ともに認めるビジュアルセンター。実際センターに立つべき華がある。バミューダ3人衆はみな背が高く顔が小さいモデル体型。その中でヨンフンは顔が一番濃く西洋的。ブルドックを究極的に格好良くした顔。目の直径が大きいどんぐり眼。目力。コンビニでパンを食べている時にキャスティングされたのであだ名はパンフン。真顔でボケる天然ボケ。距離感が近い。人畜無害。照れ屋さん。声質はヒョンジェとはまた違ったタイプの低めな甘さ。キューを溺愛していてニューに引かれている。

 

 

 

☆ケビン DAZED PROFILE FILM

本名:ムン・ヒョンソ
国籍:韓国
生年月日:1998年2月23日
血液型:AB型
星座:うお座
家族構成:両親、姉
ポジション:ボーカル

 

カナダからやってきた歌うま要員。MVでは室内でドラムを演奏している。K-POPスター6に出演し、その蜜な歌声で女心を射抜いた。眉が太く一重ではんなりした和よりな顔。ファルとの見分け方は、ケビンの方がアーチ型な眉で意思が弱そう。実際チームの中和的緩衝材ポジション。全ての歯を見せる『イ』の口のまま喋る。絵が上手く、ピアノやギターを弾き、作曲もできるため総じて芸術センスが高い。ロゴ等手描きのものは大体ケビン作。手先が器用。幼少期よりカナダへ移り住み、その頃の様子はどのメンバーよりも大量に発掘された過去写真から察することができる(今より陽気だったようだよ)。ヒョンジェとはホームズとワトソンのような関係。

 

 

 

☆ヒョンジェ DAZED PROFILE FILM

f:id:kagikosanjr:20171210065139p:plain

本名:イ・ジェヒョン
国籍:韓国
生年月日:1997年9月13日
血液型:B型
星座:乙女座
家族構成:両親、姉
ポジション:ビジュアル、ボーカル

 

バミューダラインその2。MVでは最後に登場し、すれ違い様にメンチを切られる黒色。3人の中で一番の幼顔、甘いマスク。顔の全てのパーツが王道的に整っている。まつ毛が長く肌が綺麗。子犬顔。儚げな透明感を持った容貌とは裏腹に男っぽく悪戯好きで声がでかい。熱に強く、弱音を吐かない。子供心を忘れたくない。内弁慶。デビューショーケースでは普通は間違えないし間違えてはいけない大事な場面でやらかした極度の緊張しい。実は繊細なメンタルなんだね。どのポジションも卒なくこなすオールマイティー型。演技がしたい。ヨンフンとは水魚の交わり

 

 

 

☆ジュヨン DAZED PROFILE FILM

本名:イ・ジュヨン
国籍:韓国
生年月日:1998年1月15日
血液型:AB型
星座:山羊座
家族構成:両親、弟
ポジション:ビジュアル、ダンス

 

バミューダラインその3。MVでは屋上でドローンを飛ばす茶色。フェイスラインが骨ばっており、切れ長な目を持つ爬虫類顔。鼻が高い。広い背中。目尻と口の端が跳ね上がっている。日本人が好む細マッチョ体型。穏やかな雰囲気。ニコニコしながらズレた発言をする天然ボケ。笑いのセンスに自負心がある。実際は笑かすより笑ってる側。バスケが得意。料理もする。ハートが強い。猫背。多汗症。騙されやすい。メンバーのことを本名で呼んでしまう。名札の付いたマイクをカメラに映るように持ち続けていられない。話している人の顔をよく見る。ハンニョンはわしが育てた

 

 

 

 

お次は常識人が多いスパークリングボーイズ!

 

☆キュー DAZED PROFILE FILM

本名:ジ・チャンミン
生年月日:1998年11月5日
国籍:韓国
血液型:AB型
星座:蠍座
家族構成:両親、姉2人
ポジション:ダンス

 

芸名になぞらえて「ハイ〜キュー!」と挨拶の導入部を担当するスターター。MVでは外で音楽を聴きながらムーンウォークをしている。うさぎとハムスターのキメラ。ほっぺに食料を収納しながらゆっくり食べる。笑うとえくぼが現れる。顔の表情筋の動かし方がさながら小動物。人体の急所である首が長いので非戦闘員。前向きで優しい。パフォーマンスになると人が変わる憑依型。身体にバネが付いている。汗をかいても爽やか。愛嬌に抵抗がない可愛い子ちゃん。キューとニュー→きゅーにゅー→きゅうにゅう→ぎゅうにゅう→牛乳は韓国語でウユ。ウユカップルであるニューは親友。

 

 

 

☆サンヨン DAZED PROFILE FILM

本名:イ・サンヨン
生年月日:1996年11月4日
国籍:韓国
血液型:A型
星座:蠍座
家族構成:両親、姉
ポジション:リーダー、ボーカル

 

責任感の塊サンヨン班長。MVでは室内で枕を投げたり、追いかけっこをしている。顔が縦に長い馬顔。THE BOYZは母親のいない父子家庭なので、片親として子育てに奮闘している。息子達は皆無駄に顔が整っているので気苦労が絶えない(嘘です)。仕切り屋。情に厚く、根気強い。言葉に説得力がある人格者。常に笑顔でいようとしている。サンヨンの言うことはメンバー皆良く聞くので多分最年長じゃなくてもリーダーになってた。怒ると一番怖そうであり怒らせたら最後、人として幻滅されそうなので怒らせてはいけない人。ファルは俺の忠犬。

 

 

 

☆ジェイコブ DAZED PROFILE FILM 

本名:ペ・ジュンヨン
生年月日:1997年5月30日
国籍:カナダ
血液型:B型
星座:双子座
家族構成:両親、兄
ポジション:ボーカル

 

カナダからやってきた歌うま要員その2。MVでは室内で青のギターケースを背負っている。鼻の下長め、顎発達ぎみ、それらとは相反するあどけない顔立ち。天使のように思いやりが深く、柔らかい雰囲気が慕われている。番組の血液検査でB型と診断されるまでA型だと信じ込んでいたくらい控えめな性格。ギターの弾き語りができる。作詞のセンスがある。運動神経も良い。致命的な骨盤。韓国に来て2年と少し、へまをして怒られそうな時は韓国語が分からないフリをする。皆でホラー映画を見に行く時は、帽子で顔を隠しイヤホンから音楽を聴きながら寝る。キューには強気。カナダブラザーズであるケビンの隣が落ち着く。

 

 

 

☆ニュー DAZED PROFILE FILM

本名:チェ・チャニ
生年月日:1998年4月26日
国籍:韓国
血液型:B型
星座:牡牛座
家族構成:両親、兄
ポジション:ボーカル

 

イケメン粉食店一番の功労者、バイト戦士ニュー。MVでは屋上でドローンを飛ばす黒色。耽美漫画の絵柄。女も男をも誑し込む魔性の目、ぽってりした唇。骨格が子供のまま成長していない。色白薄い身体、アンニュイの化身。小指に十字架のタトゥーあり。自意識が高く、ネットに写真をアップしていた時期がある(オルチャン)。この時点で設定盛り込みすぎ異次元キャラだが、バイト経験が豊富なので一般人に近い常識を持ち合わせている。小言が多いと言われているが、面倒見が良くしっかり者なんだと思う。暗算が得意。キューの姉なのでヨンフンにとっては小姑。

 

 

 

 

最後は現役高校生である末っ子ボーイズ!

 

☆チュハンニョン DAZED PROFILE FILM

本名:チュ・ハンニョン
生年月日:1999年3月9日
国籍:韓国
血液型:B型
星座:魚座
家族構成:母、姉、妹
ポジション:知名度

 

おなじみPRODUCE101公式問題児2号。MVでは電車内でアクロバティックに踊っている。右目と左目で二重線の濃さが異なる。団子鼻。プデュにて結果を残せなければデビュー出来なかった崖っぷち男。しかしそのチャンスを見事ものにした骨のある男。身体能力が高く、B-BOYができる。食い意地が張っている。子供のように無邪気。意思が強い。寝起きが良い。父親が香港人のハーフで広東語が少し話せる。済州島出身の島っ子。養豚場の息子で豚をこよなく愛し、豚肉は好きではない。末っ子4人で首にリボンを結び合った時、自分だけ青色なのを嫌がりお揃いの赤に変えてもらった。ベーコンうめえモグモグ

 

 

 

☆ファル DAZED PROFILE FILM

本名:ホ・ヒョンジュン
生年月日:2000年3月9日
国籍:韓国
血液型:A型
星座:魚座
家族構成:両親、妹
ポジション:ダンス

 

THE BOYZの最終兵器ファル。MVでは室内でダンスを踊って、ドローンに監視されている。色白丸顔、真っ直ぐ凛々しい眉、猫のような口元。ケビンとの見分け方はファルの方がよりベビーフェイス。どうぶつの森のビンタに似ている。ピアスを自作するお洒落さん。釜山男子。フィリピンに在住経験がある為、英語が話せる。趣味:乗馬はきっと普通の家の出ではない。口数は少ないが存在感がある。身体が柔軟。組長の息子だがサンヨン警察官に憧れて警察を目指している(嘘です)。お決まりの愛嬌があり、引き出しが多い。あざとい。歌声が赤ちゃんその1。サンヨン班長に飼われている。

 

 

 

☆ソヌ DAZED PROFILE FILM

本名:キム・ソヌ
国籍:韓国
生年月日:2000年4月12日
血液型:B型
星座:牡羊座
家族構成:両親、妹
ポジション:ラップ

 

若年寄ミレニアムラッパー。MVでは電車内でラップする黒フード。ぱっちり二重、小さくて厚みのある唇。頭部がでかい。高等ラッパーではソウルカンソ地区の予選に出場し、締めくくりに自撮りをするという余裕あるパフォーマンスを見せたが、続く二次予選にて出演辞退した高校生と同じ組になってしまった為、見せ場なく終わった不運の人。サッカーで鍛えた太もも。歌えるラッパー。作詞も可能。おやじギャグマニア。要領が良く、頭の回転が早い。いけしゃあしゃあと嘘をつくが正義感は強い。お子様舌。CV内山昂輝。俺の目の黒いうちはハンニョン兄さんに手出しさせねえ。

 

 

 

☆エリック DAZED PROFILE FILM

本名:ソン・ヨンジェ

国籍:アメリカ
生年月日:2000年12月22日
血液型:A型
星座:射手座
家族構成:両親、姉
ポジション:末っ子

 

エネルギッシュLAボーイ。MVでは外でジャンクフードを食べている。面長犬顔、キリッとした眉、笑うと一本線になる目、大きな鼻、下唇厚め。お喋り好き。気が利く。舎弟気質。物怖じしない性格で、おばちゃんにも愛想がいい。高校生組の中で唯一宿舎から離れた高校(ソウル公演芸術高等学校)に通っているため朝6時起きだが、誰よりも元気に満ち溢れている。数学が好き。ピンク色が好きでイケメン粉食店ではピンク髪だった。LA出身でカナダブラザーズとは韓国語と英語を半々で使い分けて話す。感情にストレートで泣き顔は子供のよう。歌声が赤ちゃんその2。ジュヨン兄さんは僕のもの。

 

 

 

年齢‥

96→サンヨン(最年長)

97→ジェイコブ、ヨンフン、ヒョンジェ

98→ジュヨン、ケビン、ニュー、キュー

99→ハンニョン

00→ファル、ソヌ、エリック(最年少)

 

身長‥

高い→ヨンフン、ジュヨン、ファル、ヒョンジェ

中間→ケビン、サンヨン、ソヌ、ニュー

低い→ジェイコブ、キュー、ハンニョン、エリック

ヒョンジェとケビン、ニューとジェイコブは同じくらいな気もする。

 

宿舎の部屋割り‥

ケビン、キュー、ファル

ヒョンジェ、ハンニョン

サンヨン、ジェイコブ

ニュー、エリック

ヨンフン、ジュヨン、ソヌ(男3人は狭いのでリビングで寝ている)

ルームメイトは頻繁に変わるそうです。

 

鳴かぬなら‥

殺してしまおう→ファル、ソヌ

鳴かせてみよう→ヒョンジェ、ジュヨン、ケビン、ニュー、キュー、ハンニョン、エリック

鳴くまで待とう→サンヨン、ジェイコブ、ヨンフン

主観です。実際は知りません。

 

 

顔と名前のおさらい動画(1分半)

 

 

 

まだデビューしたばかりで将来有望な子達なのに好き勝手書いてすみませんでした。THE BOYZは父子家庭と書きましたがそれは私のイメージで、実際にはASCにてエリックが父親がサンヨン、母親がジェイコブ、料理を作ってくれるのがニューだと言っていました。年長組ですね。国籍と家族構成もまだ信憑性ないんだなァ…。

有名なカップルは先述のウユ(キューとニュー)、ソヌとハンニョンのソナク(ソヌとハクニョン→ソヌハク→ソnhアク→ソナク)、ヨンフンとキューのパンキュー(パンフンとキュー)、ジュヨンとハンニョンのジュジュ、辺りでしょうか。

因みに私はジュヨンとエリックの兄弟関係が好きでして、Vアプリのヨンフンとジュヨンとキューが試験帰りのエリックを迎えに行く回は擦り切れるほど見ました。

f:id:kagikosanjr:20171212175603p:plain

見て下さいこの甲斐甲斐しい弟とされるがままの兄。かわいすぎおわた。

もう本当の兄弟になっちゃえばいいんじゃないかな?

 

 

THE BOYZの一番のセールスポイントは何かと言われたらやっぱり顔なんですけど、意外に面白いというか、身体も張れちゃう親しみやすい子の集まりという印象です。明るく爽やかをモットーにアイドルを演じようとしてみえる。2018年の活躍に乞うご期待!