GOT7 CP考察

cr:on pic&vid

9/19 9th KMF2016 Zepp DiverCity Tokyo 1部 レポ①

行って来ましたKMF

会って来ましたKNK

初めてアイドルに会った時の印象は必ず書き認めておきたいタイプなのでここに備忘録として投下しますね

 

 

出演アーティストは登場順に、SNUPER、KNK、MR.MR、OH MY GIRL、 総勢22名(※おまごるのスンヒとジニは欠席)

全アイドルが初めましてだったので、順に感想を述べて行きたいと思います〜

 

 

✴︎SNUPER

最初に謝ります。

30分遅刻したので、彼らのパフォーマンスはほんの2曲しか見れてません 泣

入った時はラストのMCパートで、「僕たち日本デビューが決まりました〜!」と言ってました。(席探しに必死で彼らのことは見れていない)

 

その後、

「YOU=HEAVEN」日本語バージョン、

 

音中の新人コラボでも披露していたEXOのGrowlを今度はSNUPERのメンバーのみでカバー

観客によるウルロンの掛け声は完璧で、KPOPファンのウルロン浸透度、エクソ人気を実感しました

そして爽やかに去って行くSNUPER……(印象空っぽ)

 

スヌポ、デビュー曲のShall We Danceが好きで、その時にメンバーの名前は覚えたはずなんですが、カムバック後の懐メロ路線が個人的にヒットしなかったからか、それとも単純に名前が覚えにくかったからなのか、見に行く頃にはすっかりメンバーのこと忘れてしまってました。スンマセン

アイドル運動会で俊足を誇ったり、インガのスペシャルステージ Ultra Dance Festivalの現代舞踊チームでVIXXのえねねんと共に華麗な舞を披露していたウソンくんだけ覚えてます。UDFのパフォーマンス、最高でしたよね…

 

そんなわけでSNUPERの印象はウソンくん顔めちゃくちゃ整ってたね?!ぐらいなんですけど

ゼェハァする息を整えながら見た2曲のパフォーマンスでは、ピンク髪の子(セビンくんですね)のダンスが一番ギラついてたかな〜と思いました。

歌唱力面では、童顔の子(スヒョンくん)がウルロンで美味しいパートを担当してたなって…朧げに…

デビューしたての頃はメインボーカルの子(サンイルくん)が好きかも〜と思っていたのに、あの子の印象が全くないよー!!ゴメンよー!! 泣

我ながら薄っぺらい記憶でファンの方に申し訳ねえ><

日本デビュー決定おめでとうございます

 

 

✴︎KNK

続いてはお目当のグループ クナクン!

暗転時、スンジュンのゆる〜い「こんにちは〜」から始まり

1曲目はしっとりバラードソング Angel Heart

 

な、なんだこの、音程がブレない、安定感のある歌声は…!

 

サビの、インソンが先導して5人揃って歌うところの、声圧が…!ハーモニーが…!

 

スゲーーー!!!

 

ど初っ端から魅せ付けられるモノホンの歌唱力。

基本的に私はガッセブンの歌唱よりダンス重視なパフォーマンスしか見て来ていないので、ここまで正統派なボーカルグループは「お初にお目にかかります」すぎて…惹き込まれる、惹き込まれる。

 

この曲は情感豊かなヒジュンのボーカルが輝くなと。

ヒジュンとインソンが向かい合って歌うところに感激しました。

右端のスンジュンは貴公子のような微笑みとお手振りで、纏う雰囲気が画面越しに感じた通り優しそうな189cmでしたよ…!

 

一頻りバラードに胸打たれたお次はデビュー曲 KNOCK

あ〜みんな踏ん反り返ってキングコングみたいに腕動かしてる〜

わしゃあこのユニークな踊りに惹かれて興味を持ったんじゃ〜

それが今〜生で披露されておる〜〜うお〜ん うお〜ん

我、生のクナクンに興奮冷めやらぬ。

 

ラスサビのユジン&インソンによる立て続けのフェイクも圧巻。

クナクンの顔がスンジュンだとすれば、クナクンの声はユジンですよね。

生歌を聴いてみて、クナクンのタイトル曲「KNOCK」や「Back Again」のコンセプトは、ユジンの歌声を中心に形作られたのかなと思いました。

歌声が曲を引っ張っていくような。

そんな厚みとインパクトのあるユジンの歌声を、インソンのコンディションに左右されない正確無比な歌声が横でしっかりと支えていて、バランスの良さを感じました。

ほんとね、すごいんだよ彼らの生歌。

 

堂々たる歌唱力で観客の心を掴んだKNKは一旦MCタイムへ。

立ち位置は確かバラードの時と同じ、左から

ジフン、ユジン、ヒジュン、インソン、スンジュン

簡単な挨拶と自己紹介は日本語で喋ってました。

発音が綺麗だと思ったのはリーダー ジフン

普段からやる愛嬌「マンセー」の日本語バージョン「東京ばんざーい」は早口&高い声すぎて聞き取れませんでしたが、それ以外では体感ゆっくりめに話していたので聞き取りやすかったです。

台本の文字量的に日本語担当っぽいのは末っ子 ヒジュン

でも少し早口で意外と緊張しいなのかなと思ったり。

そうだとしたら可愛いよね〜、いつもはしっかりしている分ギャップに母性本能がくすぐられる末っ子です。

スンジュンは笑いに積極的なので、わかる単語をグイグイ発してましたー。

なんだったか司会者に日本について聞かれて、

スンジュン「ゆうえんち、行き、ほしい」

司会者「ええっ!遊園地が欲しいんですか?」

みたいなやり取りが面白かった。

他にも台本の順番を無視してインソンの後に話すはずが先に話し始めたりと、何かと天然を炸裂させてたスンジュンですが

その度にインソンが突っ込んだり、返したり、じっと見つめたり(隣同士なので)していて、フォロー力が高いと思いました。やれやれ、付き合いの長さを見せつけられたぜ…

 

再び歌のターン

고백

ヒジュンの歌声があんま〜い

インソンの裏声はうつくし

ペンライトの動きに合わせてお手手を振る平均身長185cm集団の可愛いことったら。

 

【暗転】

スンジュン「おみじゅ じかん」

インソン「おみじゅ のんで いいですか?」

水飲むのに了解を得るアイドルハジメテーーー!

 

I Remember

右端の座席で見ていた為それまで左端にいたジフンは殆ど見れていなかったのですが、この曲で立ち位置が右端に移ったのでここぞとばかりにしk…ガン見しました。

ジフンは腰元のくびれと太腿の厚みがエr…素晴らしかったです!!

細いのに筋肉のつき方が完璧ですよね、シルエットがもう、ただただ素晴らしい。

ファンサも余裕あり気な感じで一点集中型に振りまいておられました…。

 

【暗転】

スンジュン「おみじゅ じかん」

天丼

 

バラードラスト、極め付けに東方神起の「Love in the Ice」日本語バージョンをカバー

これはほんまにすごかった SUGOKATTA

母国語じゃないのにこれだけ熱唱できるなんて、観客の心に響く歌声を聴かせられるなんて、感動して、ストレートに胸を突かれました。

誇張してません、本当に本気で歌が上手いなと思いました。

もう凄いとしか言えない自分が悔しいー!

この子達にはもっと音響の良い場所でいっぱい歌ってほしいです。

 

 

そんなクナクンの迫力ある歌声に魅了され、最後のMCタイム。

朗報です!KNK、カムバックの準備中ですってよ!

かっこいいステージを用意しているとのことで、楽しみですね〜

でも先に、BESTieがカムバックかな?

 

お別れのコメントを惜しみながら始まるはGone

一応ジフン推しとして参戦した私が最も期待していた曲…!

ずっとジフンのみをロックオンして見てました。

ジフンが自作した振付だけあって、一番彼のダンスに合ってると思うんですよね。

気合いも一番感じられる。

動と動の間に挟まれる「静」の瞬間が緊張感あって好きです。

 

最後は最新タイトル曲「Back Again」で力強く駆け抜けて行ったKNK

1部の衣装は動画のものと同じでした。

ユジンの素晴らしい吼え「モロジジマァアア!!」もラスサビのフェイクも、生音ながら音外してませんでしたよ!

二階席までダイレクトに迫力が伝わったと思います。

 

捌ける時は先程までのシックな男性美とは打って変わり、ふんわりほんわかニコニコ手を振って。君たちギャップの奇術師なのね…そうなのね…

 

KNK、観客の煽り方は勝手が分からないのか大人しめでしたが、パフォーマンスは文句の付け所なく最高でした!!

おかわりしたくなるアイドルです。

歌が上手いアイドルが好きな方には自信持ってオススメしたい。

経験積んだら本当に良いアイドルになるよ。頑張ってね。

 

 

長くなってしまったので、分けます。

MR.MRとOH MY GIRLの感想は次の記事にて!