読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOT7 CP考察

cr:on pic&vid

9/19 9th KMF2016 Zepp DiverCity Tokyo 1部 レポ②

K-POP KNK

✴︎MR.MR

3組目は特別友情出演のMR.MR

日本シングル「ROCK this WØRLD」で観客を煽りながら登場

男の中の男、とグループ紹介するだけあって随所に骨盤ダンスが…!エロティック!

 

MCタイムでは日本活動を精力的に取り組んでいるだけあって、日本語が詰まらず流暢だし、日本人慣れしているように感じました。

前のグループが新人ホヤホヤ日本語習いたてバブバブKNKだったので余計にそう感じたのかもしれません\(^o^)/

 

続きまして、綺麗な日本語の正統派バラード「夢の途中」、ジャケットプレイがこれまたエロティックな日本メジャーデビューシングル「Just 1 Light」を披露。

 

早くもラストのMCタイムとなり、MR.MRは今公演を持ってKMFの卒業を発表。

このNPO法人日韓文化交流会が主催するチャリティーコンサートKMFには、4年連続で出演されていたそう。

常連さんだけあって、MR.MRのファンの方も前方で見ている人が多かったような。(チケットはNPO法人の会員から優先で販売されていたので)

 

リーダーが感謝の言葉を述べたところで、ラストは本国での活動曲「Highway」

個人的には4曲中この曲が1番まとまりがあったと思います!

ダンスに統一感があった。

なので、後からこの曲が2013年の曲だと知って驚きました。

何か思い入れがある曲なのでしょうか?

 

最後に各メンバーの印象を。

・サンヒョン

ピュアっ子サンヒョン氏!

すみません!正直に言いますとあまり印象が…汗

歌声が、少し掠れ目で心地よい低音だったなと思いました。

せめてもう1曲聴けていたらな〜><

 

・チャンジェ

リーダー チャンジェ氏!

ヒョロヒョロが多いアイドル界で珍しく、厚みのある身体。外見から滲み出るみんなのお父さん臭。真面目そう。

それでいてダンスはしっかりした重心、軽快な動き。

身体が重くないんですよ。リズム感あるのかな?

じわじわ好きになっていきました。

 

・テイ

メインボーカル テイ氏!

この方だけしっかり覚えて参戦しましたが、ご噂通り、華がある。

一人だけ作画が違うような、センターとしての存在感がありました。

MR.MRがセクシー路線なのは、グループの中心がテイ氏だからでしょうか?

突き抜ける裏声が綺麗でした!

 

・ドヨン

まず最初に目にとまったのがドヨン氏。

ダンスが一番個性的だったように思います!

ニヒルな笑み多めで腰振りに気合いが入ってた。

エンディングではスヌポのメンバーと絡んでいました。フレンドリーな性格?

 

・ジェミン

シルエットが一番好みなジェミン氏!

腰からお尻にかけてのくびれが最高でした。

まだ成長途中な身体という感じ。

KMF卒業します!のくだりで、泣きくずれるポーズを取っていたので、愛嬌ある子なのかな?と思ったり。

 

 

 

✴︎OH MY GIRL

ラストは紅一点 おまごる!

「Cupid」

 

「Closer」

 

2つ目のタイトル曲「Closer」でどハマりし、ジホ→ユア→ミミ→ヒョジョンとカムバックする度に推しを変えながらも、音楽がひたすら好きで茶の間を極めていた筆者。

遂に、生おまごる見れました〜!

お人形さんみたい…!顔小っちゃい…!制服衣装のくびれが凄い…!

あまりの可愛さに、今まで鳴りを潜めていたおまごるファンの男性諸君らと共に叫び、悶絶しましたね。

音楽のお洒落さは出演アーティストの中で断トツだったと思います。

Cupidのような可愛らしい曲はヒョジョンやアリンが輝き、Closerはクールで神秘的なユア、ジホ、ビニが存在感を出し、2曲ともラップのミミはいいアクセント、スパイスになってました。

 

MCタイムでは日本語の自己紹介、欠席メンバースンヒからのビデオレター、そして韓国語と日本語交えたトーク。

ビニの自己紹介「初めまして、ビニと申します」の丁寧さがなんだかビニらしくて!

〜です。ではなく、申します。を使うところがいいですよね。

 

再び歌のターン!

B1A4ジニョン氏が作詞作曲した「一歩二歩」

是非日本語字幕付きで聴いていただきたい。

まさかこの日私は一歩二歩が聴けるとは思ってなくて。

イントロが流れた瞬間、鳥肌と感動が止まらなかったです…!

この曲は私的2016年上半期ナンバーワンの歌で、その紹介記事では「コンサートのアンコール最後に聴いて、顔をくしゃくしゃに泣き笑いしたい。」と書いていたんですが、今回の、合同コンサート中盤っていうタイミングでも普通に泣きそうでした。

別に泣くような歌詞ではないんですけど、春の息吹漂う曲の空気感と、少女の甘酸っぱい歌声と、ドラマチックなメロディーが合わさってもう、聴いてるだけで胸がいっぱい…!というか…とにかく自分の好みが集まった歌なんですよね。

一歩二歩が聴けただけでも、KMFに来て良かったと思えます。

 

またそれにダンスも素晴らしくて。

特にこの曲は、ミミの軽快に跳ねるダンスが魅力的。

おまごるはスンヒの透き通る美しい歌声とヒョジョンの真っ直ぐで綺麗な歌声が少女性と神秘性を感じさせていいなと思いますが、ダンス面でも

溌剌で健康的なミミの快活な力強さと、女性的で艶かしいユアの表現力が良いですよね!歌もダンスも双方実力派で申し分なし!

 

「Listen to my word」

MC時、ユアとミミがサビの「魚を掴むダンス」をレクチャーしてくれました。

「掴む〜掴む〜魚を〜掴む!」「左〜右〜魚を〜掴む!」

左…?右…?手のひら合わせてパックン…?

この動き…既視感…!!

ガッセブンのカメハメハー!を思い出した筆者でした。

1部の衣装は動画のものと同じです。

ツインテアリンめちゃ可愛…癒し

ジホが最後に後ろでぴょんぴょん跳ねてたのってこの曲でしたっけ?ジャンプ力高かったです!

加えてジホと言えば、みんなが曲終わりで息を切らしている中、少しも息乱れず場をつなぐように喋っていて、スタミナも凄かった。

リーダーは一番ハアハア言ってるのに相槌打とうとするからマイクが吐息を拾う拾う(よっ!頑張り屋さん!

 

「Windy Day」

お別れのMCを挟み、最後のパフォーマンスタイム、まずはインド曲Windy Day

この曲はジニが見たかったな〜…お大事に、ゆっくり休んでから元気な顔を見せてほしいです。

今回はジニとスンヒが欠席していた分、歌唱的にも身長的にもリーダーのヒョジョンが輝いて見えました。

いつも笑顔で、明るくて、めっちゃネアカ〜!!果たしてキャンディに闇はあるのか

 

「LIAR LIAR」

この曲でもサビは一緒に踊って下さい〜と

頭の上で指を振りながらライアライアライア〜しました!

曲終わりの余韻が好きです。

意外にもMake some noiseー!!と煽ったのは、おまごるのミミだけ。

全体的にボーイズグループは観客の煽りが控えめでしたね。新人らしい。

 

最後はスペシャルステージとして、セカンドミニアルバムから「Sugar Baby」を披露。

メンバー同士絡んだり、観客へファンサービス飛ばしたり、おまごるは最後の最後まで可愛らしく去って行きました。

 

 

おーし、4組書き終わった…!

エンディングでは全アーティストが集結して、歌いながらサインボールを投げてくれました。

合同コンあるあるの、推しが沢山いて何処を見ればいいのか分からない状態ですね。

クナクンとスヌポ、仲良さそうだったな〜。

おまごるは殆ど左側~中央にいましたが、ビニだけ右端にもサインボールを投げててエライ!と思いました。ビニいい子。

ウソンくんは最後の1人までステージに残ってポケットからハートを大量生産させてました。

終演後は総勢22名とハイタッチしてきましたが、久しぶりにアイドルと接触できて良かったです〜!おまごる顔ちっちゃ〜!

 

 

 

はい、以上、レポでした。

今回、初めてクナクンを見て、行く前から期待はしていたのですが、それ以上に良いパフォーマンスを披露してくれて。

すっかりファンになりました。

次いでにめでたく推しカプも決まり……えっとですね、どうやら私はインソンとヒジュンのカップルが好きみたいです!CP名教えてケロ

ジフン推しなのにね、推しカプは違うっていう。

ヒジュンの、普段はインソンに対して冷た気だけど、音楽に関しては絶大の信頼を寄せてる感じが腐女子的にグッと来るんですよね。

今回リアルのクナクンを見て一番印象が変わったのもインソンですし。

 

インソンってグループ内でのカースト低いじゃないですか、最下位争いってぐらい…でも生のインソンの歌の上手さと、間近でハイタッチした時の余裕な対応!あれを見てこの子はグループ1頼りになる男だと思いましたね…

意外と人慣れしてないヒジュンにとってもインソンは頼もしくみえるんじゃないかな〜、でもそれを口にするのは恥ずかしいんだろうな〜

今の所2人のカプ考察はこんな感じです!

 

終わります。

因みに明日も更新予定です。

明日、9/22は誰の誕生日かな〜